読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無音

好きな曲の歌詞を載せるだけ

君の銀の庭 英語版 和訳

ただ大きく解き放たれたドアの向こう側の 端っこに 崩れそうな世界がある 昼が戻ってくるの?それとも絶え間なく夜が続くの?今の私が道を失ったように全ての光は消え失せ始めている 声が呼ぶまでは(私を呼ぶまでは)もう少し遊ぼう時間は私に戻り 花のように…

グロテスク

強者に媚びへつらう僕に 醒めた視線が突き刺さる背中に汗がつたってゆく Someone said 「I hate you」 あのコの甘ったるい声を かわいいと褒め称えてみる笑い方が死ぬ程嫌いSomeone said 「I hate you」 素直に生きる美しさを 黒く塗らなきゃ生きられない ア…

君の銀の庭

そっと開いたドアの向こうに壊れそうな世界はある朝が来るのか夜になるのか迷いながらひかりは綻びて 声が呼ぶまではもう少し遊ぼう花のように廻る時を繰り返し 夢はこの部屋の中で優しい歌をずっと君に歌っていた何がほんとのことなの一番強く信じられる世…

それじゃあバイバイ

虫も殺さぬ顔して キツイ事を平気で言う自分じゃできもしないで 人に押し付けてばかりまわりの顔を気にして となりに習い物を言うろくに話も聞かずに 相づち打って作り笑い 自分らしく生きてますか?気持ちイイことそこにありますか? アッカンベーしてさよな…

愛にこだわれ

たとえ僕が僕じゃない服を着て歩く日々に染まったとしても君はその服を脱がしてくれる?嘘を辿って 闇をくぐって 見栄取っ払ってほんとの僕探してくれる? たとえ君が誰かを裏切って涙の海を渡ったとしてもその罪に僕も溺れることがもがき合って 抱きしめあっ…

あれも欲しい これも欲しいもっと欲しい もっともっと欲しい俺には夢がある 両手じゃ抱えきれない俺には夢がある ドキドキするような家から遠く離れてもなんとかやっていける暗い夜に一人でも 夢見心地でいるよ たてまえでも本音でも本気でも うそっぱちでも…

星をください

星が見えますか 星が見えますかああ 星が そこから星が見えますかいくら見上げても 僕には見えませんああ 星が 今日の僕には見えません 願いをかける 星さえ見えずそんな気持ちなんです 都会の空に星を下さい 雲のすきまに星を下さい 海がありますか 海があ…

青空

ブラウン管の向う側 カッコつけた騎兵隊が インディアンを撃ち倒した ピカピカに光った銃で 出来れば 僕の憂うつを 撃ち倒してくれればよかったのに 神様にワイロを贈り 天国へのパスポートを ねだるなんて本気なのか? 誠実さのかけらもなく 笑っている奴が…

キドアイラク

笑ったり泣いたり忙しい 塊で押し寄せるこの感じ あたまんなかぐにゃっと混ざる 深呼吸 呼吸困難煩わしい 等身大で話したい 出来るならいつも笑いたい 君さえいれば何も要らない なんてどこの常套句? はなから言葉なんてマジ曖昧な道具 0.1秒前後で移り…

ゴーゴー幽霊船

ちょっと病弱なセブンティーン枯れたインクとペンで絵を描いて継いで接いでまたマザーグース夜は何度も泣いてまた明日 回る発条のアンドロイド僕の声と頭はがらんどういつも最低な気分さ君に愛されたいと願っていたい ずっと病欠のセブンティーン曇らないま…

Share The World

あの大空に届くまで I believe ひとつの明日へ come on let's go everybody oh we share the musiccome on let's go baby baby oh we share the one dreamcome on let's go everybody oh we share the good timescome on let's go baby baby oh we share the…

こどものしくみ

作詞作曲編曲:ピノキオP 歌:初音ミク 砂糖を舐めたら甘い味なのは知ってる だけど飛行機雲がどんな味するかは知らない この夏休みがいつか終わること知ってる だけどぼくらが 死 んだらどうなるかはピンとこないまま 最高の 最高の 思い出たちは 成長の 成…

僕の右手

僕の右手を 知りませんか? 僕の右手を 知りませんか?行方不明になりました指名手配のモンタージュ 街中に配るよ今すぐ捜しに行かないとさあ 早く見つけないと夢に飢えた野良犬 今夜 吠えている 見た事もないような ギターの弾き方で聞いた事もないような 歌…

ラインを越えて

色んな事をあきらめて言い訳ばっかりうまくなり責任逃れで笑ってりゃ自由はどんどん遠ざかる金がモノを言う世の中で爆弾抱えたジェット機が僕のこの胸を突き抜けてあぶない角度で飛んで行く満員電車の中くたびれた顔をして夕刊フジを読みながら老いぼれてく…

ツギハギエデン

創られる街、創られる街 「いつかみた夢 叶えてご覧」 言葉のゆらぎ 気にしちゃいない プラズマ色に 微笑んだエデン 壊してなおせ 壊してなおせ 都合悪い子 つまんで捨てろ いつかみた夢 焚き付けて"理想" 種をあたえて 『ドウモアリガトウ』 人類は進歩した…

マトリョシカ

考え過ぎのメッセージ 誰に届くかも知らないで きっと私はいつでもそう 継ぎ接ぎ狂ったマトリョシカ 頭痛が歌うパッケージ いつまで経っても針は四時 誰も教えてくれないで 世界は逆さに回り出す ああ、割れそうだ 記憶も全部投げ出して ああ、知りたいな 深…

もったいないとらんど

もったいないから もったいないからボクは夢を描き泣く ああもっといたいから もの足りないからいじわるなこともしちゃう華やかな街をゆく明日には消えるキラキラなんてもったいない もったいないほら一緒にもったいないとらんど 待ちに待った週末は ステキ…

アイラ

白く映った雲の藍に 揺れる、揺れてく君の背 涙をそっと 僕らはずっと 心の奥にしまうだけで 意地張って傷付けただけ 堪えてたものは零れてくのに 君を笑う言葉なんて 僕を汚す言葉なんて 揺れたあの光はきっといない 僕もどうせ変わってないのだろう 歌う …

一番街コスモナウト

膨らませた夢が消えていたのは なぜだろう大人になる事がこわかったのは なぜだろう平気で嘘をつくようになったの なぜだろうあの日の君と僕 泣いていたのは どっちだろう 憧れはひとつふたつ 死んでゆく 死んでゆく抉られた日々が 走り出す追いかけた夢が全…

ドーナツホール

いつからこんなに大きな思い出せない記憶があったか どうにも憶えてないのを ひとつ確かに憶えてるんだな もう一回何回やったって思い出すのはその顔だ それでもあなたがなんだか思い出せないままでいるんだな 環状線は地球儀を巡り巡って朝日を追うのに レ…

オノマトペメガネ

ちゃらん ちゃらん と鈴の音を 鳴らして歩くは猫の様 ぽたん ぽたん と したたった 傘の下の誰かの声 ゆらゆらり ふらふらり 鈍る感覚は水の中 つらつらり くらくらり どうでもいいような顔が見たい 歪んではさっぱり先が見えんな 僕らは個々に夢の中 ひとー…

はなまるぴっぴはよいこだけ

ひらりひらりも隙のうちとかけこみ すべりこみ うっとり これぞカミカゼ 沿う太陽虫の息 ひと知れず たいへんなの 現場は火事憂いなおめめから 発射だ ぽーん どうかなこれ 新型ギミックあまりに革新的なひと ここからはじめて古今東西鳴りやまぬ花 焼べるは…