読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無音

好きな曲の歌詞を載せるだけ

オノマトペメガネ

 

ちゃらん ちゃらん と鈴の音を
鳴らして歩くは猫の様
ぽたん ぽたん と したたった
傘の下の誰かの声

ゆらゆらり ふらふらり
鈍る感覚は水の中
つらつらり くらくらり
どうでもいいような顔が見たい

歪んではさっぱり先が見えんな
僕らは個々に夢の中
ひとーりふたーり輪を作れば
かけてる部分を僕が見よか

僻んでもやっぱり先が見えんな
僕らは個々に箱の中
ひとーりふたーり和を壊せば
たちまち 汚れてゆく見えない フォント

からん からん と鐘の音を
鳴らしたあの子は今何処
ひたん ひたん と 飛び跳ねた
傘の下の誰かの足

気付くのはやっぱりいつも遅いな
そんな僕らは籠の中
ひとーりふたーり立ち止まれば
たちまち 埋もれてゆく言えない 本能

本当の事など誰も知らんよ
言葉にしたとて真意はどうよ
見えない本当の理由は それは?

歪んでた視界は僕の涙か
決めつけた意味 僕の中
ひとーりふたーり言葉紡ぐ
それぞれ言葉に意味が宿る

気付いたら少しは先が見えるか
僕らはここで旅の中
ひとーつふたーつ歩いてゆく
答えの無い答えを見つける 問答
残してゆくフォント

広告を非表示にする