読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無音

好きな曲の歌詞を載せるだけ

こどものしくみ

作詞作曲編曲:ピノキオP
歌:初音ミク

 

砂糖を舐めたら甘い味なのは知ってる
だけど飛行機雲がどんな味するかは知らない

この夏休みがいつか終わること知ってる
だけどぼくらが 死 んだらどうなるかはピンとこないまま

最高の 最高の 思い出たちは
成長の 成長の 痛みとともに
気持ち悪い虫でも手掴みで 気持ちが良いと頬を赤らめて
最低なおとぎ話 だけどまだ居場所はそこにあった

こどものしくみ 教えてよ ねぇ
大人の先入観は しょうもないの ねぇ
低い身長を 武器にしながら

感情のしくみを 分解して ねぇ
すべてを見透かし やんなっても ねぇ
夏の夜 ドキドキしたかった 君と

大人に貰ったおもちゃの笛を鳴らしてる
だから やましい気持ちで白 痴 のふりを続けてる

まるで夕闇の地雷原を走るみたいだな
影が伸びてく 祭囃子は遠のく

想像の 想像の ちっちゃな花火は
愛憎を 愛憎を 飲み込むように
くじらの背中で溺れるたびに 絵日記に修正入るたびに
調子づいた現実が ついに秘密基地をぶっ 壊 した

こどものしくみ 教えてよ ねぇ
センパイの倫理観は 問題ないの ねぇ
古い七不思議 真に受けながら

醜い心を 後悔して ねぇ
笑顔の写真 破らないで ねぇ
蝉時雨 ワクワクしたかった ずっと

蚊帳の中で眠っていた 昔のぼく
平和そうな 寝顔

こどものしくみ 教えてよ ねぇ
大人の先入観は しょうもないの ねぇ
低い身長を 武器にしながら

感情のしくみを 分解して ねぇ
すべてを見透かし やんなっても ねぇ
瓶のラムネを こぼしながら また

醜い心を 後悔して ねぇ
表現の自由 奪わないで ねぇ
夏の夜 ドキドキしたかった 君と

何でも出来ると信じていた
ちいさなてのひら

広告を非表示にする